FootJoy(フットジョイ)[フットジョイ] 3E cm 25.5 ブラック メンズ ボア SL XP スーパーライト 21 ゴルフシューズ ゴルフシューズ 品揃え豊富で

your skin will be more beautifully
ナカバヤシ レターケース B4 B4-M3段,
RKF ソリッドブラス 2ハンドル ワイドスプレッド バスルームシンク蛇口 メタルポップアップドレイン オーバーフローとCUPC供給ホース付き CWF,
高精度と品質の良さPEACOCK(尾崎製作所) ピクテスト PC 両面形タイプ Wシリーズ PC-1BW,
Roland モバイル・キューブ MB-CUBE,
  • それは、
    エステティシャンが
    頼る化粧品。
    美肌づくりの専門家から選ばれる、
    プロクオリティのスキンケア。
  • POLICY’S BEAUTY
カペルミュール シャツ kpls1002-S ベージュ S,
楳図かずお こわい本 コミック 全14巻完結セット (楳図かずお恐怖文庫),

FootJoy(フットジョイ)[フットジョイ] ゴルフシューズ 21 スーパーライト XP SL ボア メンズ ブラック 25.5 cm 3E 品揃え豊富で

FootJoy(フットジョイ)[フットジョイ] ゴルフシューズ 21 スーパーライト XP SL ボア メンズ ブラック 25.5 cm 3E
FJ独自の最新機能を備え、ゴルフプレー専用に開発されたハイパースパイクレス。NEW BOAフィットラップシステム搭載。FJ独自の最新機能を備え、ゴルフプレー専用に開発されたハイパースパイクレス。NEW BOAフィットラップシステム搭載。
  • 4.00

    2作目にして溢れ出る「続編感」

    赤音

    2作目にして既にもう様式美らしき物が成り立ってきていますね。肝になるアクションシーンは、前作に引き続き流れる様に華麗にこなされ、実に良いです。ベースの動きは前作と同じですが、マンネリ化しない様色々な工夫が凝らされている事も感じます。同じようなアクションが繰り返されても見ていて楽しいのは、その完成度が高い故でしょう。操作性が快適なゲームで同じアクションを多数繰り返しても楽しい感覚に近いですね。私は1作目からそのまま通してこの2作目を鑑賞した訳ですが前作で大切な物を失い、戦って帰宅してまた即、家を吹っ飛ばされるジョンに同情を感じざるを得ません。笑う場面じゃない筈なのに、冒頭から酷過ぎて思わず笑ってしまいました。長い階段を上から下まで転げ落ちたりモブに気付かれない様撃ち合うシーンなんかも流石に間抜けで、悪ノリが始まっている様に思います。1は冒頭からラストまで綺麗な完結だと思いましたがこちらは明かに続編を意識しているせいで後付けで色々な設定が出て、物語が歪になり既に収集がつかない漫画の様なインフレモードへの道が見えますね。個人的には「映画」と言う物はきちんと完結させて欲しいと言う意見なんですが短期で終わる予定が人気が出たせいで長期連載になった漫画の如くこの次の作品もそのまま楽しませてもらう事にします。

  • 5.00

    ガンフー良いですよね

    サトル

    コメディーとアクションが半分半分の映画ですそのあたりを分かった上で鑑賞してください

  • 4.00

    細かいことは気にしない

    shootingstar

    ハチャメチャな展開だらけでも、ツッコミどころ満載でも、キアヌ無双を単純に楽しめばいいんです。3作目が楽しみです。

  • 4.00

    まじですかー!

    まいける

    一作目微妙やったのに、2になると、なかなか面白いですねー!やっぱり戦うシーンがイマイチなんは変わってないですけどねー!笑みんな、気づくはずですよ!背負い投げばっかりとね。笑まあ、次の続編も一様見ようかなーって感じですね。参考になって貰えたらありがたいです!

  • 5.00

    最高に面白いし!

    aaaaa

    最高に面白いし、カッコいいね!

  • 3.00

    3.4点(最大5.0) 「せいいん」ってなに?

    機材太郎

    いや話がよくわからない。前作の嫁がなんで死んだとかもよく分からなかったけど、まぁそれは分からなくても愛する人が死んだってことで話はわかるからいいとして、今作は全体的に意味がわからない。一応重要な内容を見過ごしてるとは思えないんだけど何がなんだか・・・。wikiや解説・考察ブログでも見ようと思ったけど、そういう気もなくなるような内容だったのでいいかなと。というかぶっちゃけアクションも退屈。マンネリと言うか、空手の「形」を見せられているようで、相手がいる必要がないと言うか、なんか重々しさを感じない軽さを感じると言うか。3作目を見るのが憂鬱だ・・・。一応見るけども。

  • 4.00

    お馬鹿アクションでいいじゃない

    RAKU

    整合性やなんやかんや言っておられる方の多いこと。まあどう感じようがもちろん個人の自由ですので,自分には合わなかった,これでOKなのですが,前作見てこのシリーズのテイストは十分わかってるでしょ?ご都合主義的な部分が多く,それを突っ込みつつ楽しんだり,雑な設定がかえって心地良かったり,そういう人にはいい映画ではないかと。昔のアニメや映画にはつっこみどころなんていくらでもあったし,あんまり気にせず楽しんでた。「なんでそこでそうするかな!?」とか「そんなアホな!」とか言いながらね。それでもそういう作品には不思議とパワーがあった。なんか近年の風潮なのか知らんが,設定を細かく突っ込んだり,シナリオの整合性がどうとか,ここで主人公はこんな事をするはずがないとか,マニア気質というかマウント気質というか,そういう見方する人多いような気がします。でもね,全てに整合性を求めて,矛盾なく,整ってて,きれいな映画,そんなのばっかりで映画界面白いんでしょうかね。どっかぶっ飛んでる,非日常性を感じる,突っ込みどころがある,パーっとストレス発散に楽しむ。そんな映画があってもいいと思うし,そんな映画を好きな人もいるでしょうね。という気分になった映画でした。面白かったです。

  • 3.00

    隠れた人気作?

    プレケル★

    良さがよくわからない。アクションもスピード感が足りないし、投げ技、関節技があんまり効いていないように見えるし、弾の無駄遣いも多いように見える。とても無敵の殺し屋とは思えない。孤独感、殺伐とした雰囲気は出ているが、もう少しやり方があったろうに、何故こうなった?

  • 3.00

    「キアヌ」の名前におんぶに抱っこ

    アクション映画にアクションが得意というわけでもないキアヌが起用されているんだから、キアヌという名前とキャラクターがこの映画の核である事は前提になる話。でも、その時点でこのシリーズは名作になりえないよね。それでもアクション映画だからアクションシーンは頑張ってた。アクションが不得手なりに格闘ではなく射撃で魅せようという意識も感じられた。ケレン味もあって軽く観るにはこちらを飽きさせない。ただ、そのしわ寄せが脚本に集まってる。これはもうどうしようもない。何も緻密さやリアリティを求めているわけじゃない。非現実的なお話である事は重々承知している。でもそれは話を雑に作っていいということではないんだ。物語として成り立たせるには、もう一歩努力が必要だった。例えばそれは、ラスボスの最期だ。主人公が懇意にしてもらっており、恐らく恩義もあるのだろうホテルの中でラスボスを撃ち殺し、非常に重いルールを破る。それ自体はいいんです。でも、その決断に至った理由がわからない。その時の主人公の剣幕からすれば、まず「ラスボスを許せなかった」という解釈ができる。でも、なぜ許せなかったのかが分からない。これはホテルの支配人による「君は彼を裏の世界に引き戻してしまった」というセリフにヒントがあるように思うけど、ラスボスはラスボスで一定の筋を通してしまっている。聖印とやらがどういう代物か分からないけど、それには重い効力があって、それを持ち出されたら話を受けざるをえない。ホテルの支配人も言っているけど、これは元を辿れば聖印を結んだ主人公の行いの結果だ。一方で、ラスボスは聖印という当然の権利を行使したに過ぎないし、主人公を口封じしようという行動も理解できる。そりゃヒドい話だけど、裏の世界って根本的にそういうものちゃうんか?じゃあ、そういった理屈を超えるほど感情的になっていたのかと言われると、それも理解できない。ラスボスがやった事と言えば、「当然の権利を突っぱねられたのでその報復に家を破壊した」「口封じのため命を狙った」辺り。鉄の掟を破らせるほどの怒りを覚えるポイントは何処なのか?それを示すシーンが一切ない。だから、あそこで主人公がラスボスを撃ち殺した事実は、どんな角度から見ても正当性がない。だから、次の解釈として、「やけっぱちになっていた」とするしかない。支配人に呼び出されたところ、主人公は「なぜ俺は殺されない?」と不思議がっていた。殺されるだろう事を理解していたということ。それは裏を返せば、殺されてもいいと考えていたという事にもなる。でも、その解釈さえ、ラストシーンに否定される。世界中の殺し屋に命を狙われる事になった主人公は、緊張感たっぷりの面持ちで街中を走って逃げてゆく。いや死にたくないんか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。死んでも良いのか死にたくないのか、何なのかもうサッパリ分からない。これが、話のつくりが雑だという事です。リアリティが著しく欠けているとか、そういう事は作風的にどうでもいい。ただ、話が成り立っていないのです。それ自体は世界観をファンタジーにしたって努力できる部分のはず。あるいはアクション映画ながらアクション下手な俳優をメインに据えるというこの映画の二律背反を表現しているとでも言うのだろうか?そんなわけがあるかい。脚本が馬鹿なだけです。

  • 4.00

    前作にも書きましたが

    ヌアザ

    ギャップです。どんなに髭を伸ばそうが悪役になれない役者さんです。マトリックスのネオが好例だと思います。私生活でも色々とあります、聖人かよって。日本の役者さんでも固定観念で縛られてる方もいると思います。キアヌ・リーヴスが分かりやすい例えだと思います。演技は良いとは思った事が無いです。ただ、キアヌが好きなんです。だから観てしまう。作品が面白かったら高評価。悪ければ低評価。先にも述べましたが当たりハズレが大きいのもキアヌ出演作とも言えます。

  1. facebook
  2. twitter
  3. linkedin
  4. pinterest

LINE UP | ラインナップ

マルチプルセラム

パウダーエッセンスCO

調合原液シリーズ

トラブル毎に数種原液をブレンド 調合原液

パック

  • おやすみパックS

    おやすみパックS

  • おやすみパックR

    おやすみパックR

アイクリーム

ネッククリーム

敏感肌化粧水

電子イオン導入液

美アド
こちらもあわせてどうぞ★ ポリシー化粧品からの美容アドバイス=「美アド」です。
  •  
  •  
次は、あなたの肌で。
実際に体感してください
ご自宅で、お店で。実際にポリシー化粧品を肌にのせてみて、
その使用感をお確かめいただけます。 ポリシー化粧品は、全国の取扱いエステティックサロンでお求めください。